七夕の風習はいつから始まった?由来やルーツ、そして海外にはあるの?

七夕の風習はいつから始まった?由来やルーツ、そして海外にはあるの?

7月7日は七夕ですが、みなさんは七夕についてどのようなことを知っていますか?

 

短冊に願いごとを書いて笹の葉に吊るす日、織姫と彦星が一年に一度だけ会える日などといったイメージぐらいしか持っていない人も多いのではないかと思います。

 

今回は、七夕の由来や歴史、風習、そして海外の七夕についてご紹介いたします!

 

たなばたさまの歌の意味については下記に書かせていただいております。

七夕の由来・歴史

七夕は、中国の「乞巧奠(きこうでん)」という風習と、日本に元々あった「棚機(たなばた)」という神事が合わさって生まれたものです。

 

「乞巧奠」とは、織女(しゅくじょ)星にあやかって、7月7日に機織りや裁縫の上達を願う中国の風習のこと。

 

一方の「棚機」とは、乙女が着物を織って棚にお供えし、秋の収穫の豊作を願ったり、人々の穢れを払ったりする行事で、次第にお盆の準備として7月7日の夜に行われるようになりました。

 

だから、「七夕」を当て字で「たなばた」と読むんですね。

 

奈良時代に乞巧奠が日本に伝わると、宮中行事として七夕が行われるようになりました。

 

宮中の人々は、お供えものをして星を眺め、梶の葉に詩歌を書いて願いごとをしていたそうです。

 

江戸時代になり、七夕が五節句の一つになると、七夕の行事は庶民の間にも広まっていきます。

 

人々はお供えものをして、詩歌や習い事の上達を星に願いました。

 

この頃から、短冊に願いごとを書いて、笹の葉に吊るすようになり、現在のような七夕のスタイルが確立したのです。

 

有名な織姫と彦星の話も、元々は中国のものです。

 

中国では、琴座の織女星は裁縫、鷲座の牽牛(けんぎゅう)星は農業を司る星と考えられていました。

 

この2つの星は、旧暦の7月7日に天の川を挟んで最も輝いているように見えることから、この日を年に一度の巡りあいの日と考え、七夕の話が生まれたのです。

七夕の風習

七夕の風習といえば、願いごとを書いた短冊を笹の葉に吊るすのが有名ですが、他にはどのような風習があるのでしょうか。

 

七夕の風習の一つとして知られているのが「七夕そうめん」です。

 

そのルーツは、古代中国の「索餅(さくべい)」という小麦粉料理。

 

7月7日に索餅を食べると一年間無病息災でいられると言われており、それが奈良時代に日本に伝わり、宮中行事として取り入れられるようになりました。

 

やがて、索餅はそうめんへと変わり、七夕にそうめんを食べるようになりました。

 

この他に、細長いそうめんを天の川や織姫の織り糸に見立てているという説もあります。

 

今年の七夕は、ご家庭でそうめんを食べてみてはいかがでしょうか。

また、観光や地元商店街などへの集客を目的とした華やかな七夕祭りも、全国各地で行われています。

 

宮城県の「仙台七夕まつり」や神奈川県の「湘南ひらつか七夕まつり」、愛知県の「安城七夕まつり」などは有名ですよね。

海外の七夕

七夕の行事は、日本だけでなく海外でも行われています。
現在の中国では、七夕は「愛情節」と呼ばれており、バレンタインデーのようなイベントが盛んに行われています。

 

韓国では、各家庭でお供えものをして、家族の長寿や家庭の平安を祈願しています。

 

また、日本では七夕に雨が降らないことを願いますが、韓国ではその逆。

 

七夕の日に降る雨は、織姫と彦星が再会を喜んで流した涙と考えられているそうです。

 

アジア圏以外の国でも、七夕の行事は行われています。

 

ブラジルでは、7月に開催される「サンパウロ仙台七夕祭り」が、冬の風物詩として定着。

 

アメリカでも、8月に「ロサンゼルス七夕祭り」が開催されています。

七夕は知れば知るほど奥が深い!

いかがでしたでしょうか。

 

七夕は長い歴史を持っており、日本にも海外にもさまざまな風習があるんですね。

 

ここでは紹介しきれなかった日本各地や世界の七夕の風習もまだまだあるので、興味を持った方は、ぜひ調べてみてくださいね!

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!