七夕って食べ物は何を食べる風習があるの?

七夕って食べ物は何を食べる風習があるの?

七夕に食べる食べ物について

7月7日は、五節句の一つである七夕。

 

願いごとを書いた短冊を笹の葉に飾った経験のある方も多いのではないでしょうか。

 

ところで、七夕に食べる食べ物ってご存知ですか?

 

 例えば、ひな祭りにはちらし寿司やひなあられ、端午の節句には柏餅やちまきを食べますよね?

 

実は他の節句と同じように、七夕に食べる食べ物もちゃんとあるんです。

 

今回は、七夕に食べる行事食についてご紹介します!

 

七夕飾りについてはこちらでご紹介させていただいております。

 

たなばたさまの歌の意味についてはこちらでご紹介させていただいております。

 

 

七夕の由来につきましてはこちらにかかせていただいております。

 

七夕にそうめんを食べる由来と、おすすめアレンジレシピ

 日本では昔から、七夕にそうめんを食べる習慣があり、特に仙台などではよく食べられているそうです。

 

では、なぜ七夕にそうめんを食べるのでしょうか?

 

 七夕にそうめんを食べる由来は、「索餅(さくべい)」という中国の小麦粉料理だと言われています。

 

 中国には、「7月7日に索餅を食べると、無病息災で一年間を過ごすことができる」という言い伝えがありました。

 

 奈良時代、索餅が日本に伝わると、宮中行事に取り入れられ、民衆の間にも広まっていきました。

 

やがて、索餅はそうめんに変わり、七夕にそうめんを食べる習慣が定着したのです。

 

 他に、そうめんの細い麺を糸に見立て、裁縫上手だった織姫のように裁縫が上達することを願ってそうめんを食べるという説もあります。

 

一年に一度の七夕。

 

 せっかくなので、普段とは違う、七夕らしいアレンジそうめんを作ってみてはいかがでしょうか。

 

お子さんのいるご家庭では、きっと喜ばれると思いますよ。

 

 天の川に見立ててそうめんを盛りつけ、星型のにんじんやきゅうり、薄焼き卵、スライスチーズなどをちりばめれば、とても華やかになりますよ。

 

ピンクや黄色、緑色などの色つきのそうめんを使うのも、可愛らしくていいですね。

 

 また、短く切ったそうめんとカラフルな具材を寒天にとじこめた「そうめんの寒天寄せ」も、涼しげな見た目でおすすめです。

日本以外の七夕では何を食べるの?

七夕は日本だけの風習ではありません。

 

韓国や中華圏においても、七夕に食べる食べ物があるんです。

 

 韓国では、小麦粉で作ったおせんべいの「ミルジョンビョン」と、小麦粉で作った麺の「ミルクッス」を食べます。

 

 また、コイの刺身「インオフェ」やコイの焼き魚「インオグイ」、きゅうりのキムチである「オイキムチ」なども食べるそうです。

 

 飲み物では、桃やすいかなどのさまざまなフルーツをミックスした飲み物「クァイルファチェ」を飲む習慣があります。

 

 中華圏の閩南(ビンナン)では、ザクロとシクンシで煮た卵や肉、黒砂糖入りのもち米などを食べます。

 

これらは、虫除けや病気除けのために食べられるそうですよ。

そうめんを食べて七夕を楽しもう!

いかがでしたでしょうか。

 

 七夕にそうめんを食べることはあまり知られていないので、初めて知って驚いた人も多いのではないかと思います。

 

 ツルツルとしたそうめんは、暑いこの時期にも食べやすいメニューで、夏バテ防止にも最適。

 

今年の七夕は、家族みんなの健康を願って、そうめんを食べましょう!

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!