STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)11話の感想と考察「LHCが呼んでいる。 若きクリスティーナの悩み。」

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)11話の感想と考察「LHCが呼んでいる。 若きクリスティーナの悩み。」

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)11話「時空境界のドグマ」感想と考察

あらすじ

 岡部倫太郎は阿万音鈴羽に任務を与えた。天王寺裕吾に、実験の衝撃を気づかせるなというものだ。しかし失敗に終わり、その結果、ブラウン管工房にある42型ブラウン管が、タイムマシンのリフターとしての役割を果たしているらしいことを突き止めた。
 牧瀬紅莉栖が、人間の記憶をデータ化すれば、肉体は無理だとしても記憶は過去へ送れるはず、と仮定し、実験を次の段階へと進むべく、オペレーション・ベルダンディ(タイム・リープの採用)が発動された。
 岡部倫太郎と椎名まゆりが、足りないパーツの買い出しに出かける。そこで桐生萌郁とばったり会い、話題がタイム・リープに及ぶと、萌郁は「記憶・・・」と声に出して言ったあと、携帯を操作しながら立ち去ってしまう。
 今度は阿万音鈴羽と天王寺綯に遭遇する。綯が、父、天王寺裕吾の代わりに謝りたいというので岡部を捜していたという。
 岡部倫太郎は別れ際に、阿万音鈴羽が「牧瀬紅莉栖はSERNと通じている」と言い残したことが気にかかった。ラボに戻って牧瀬と会話していたが、スパイとは思えない、と疑惑を否定する。
 外に場所を移し、そこで岡部は牧瀬紅莉栖と父親との確執を打ち明けられる。岡部は実験を開始し、同時に牧瀬が父に会いに行くときは、同行して和解を取り持つと宣言した。
 買い出しに出された岡部に、またもや謎の人物から『おまえは知りすぎた』とメールが届き、まゆりのことが心配になった岡部は慌ててラボへ戻るが、何も変わった点はなかった。
 岡部が二人に責め立てられているときに橋田至がやってきて、ラボとSERNがダイレクトに回線で繋がっている、という。忍び寄る影の存在が、岡部に疑心暗鬼を呼び起こす。

感想

 牧瀬紅莉栖が、電話レンジ(仮)が、記憶を圧縮するためのスペックを擁していないことと、さらに、何か言いかけてやめたことが気になります。
 牧瀬が後で岡部倫太郎に打ち明ける内容が原因なのか、それともその他のリスクに関係することでしょうか。また、岡部倫太郎に送られてきた画像とも関係があるのでしょうか。
 日本語でOKだよというところ、椎名まゆりが可愛すぎます。殺伐となりがちな非凡な人たちの集まりをゆる~く癒してくれるエッセンスのようです。
 都合よいことに秋葉原は電気街。フェイリス・ニャンニャンが萌え文化を消したかったのは、こういうわけだったのですね。
 椎名まゆりが、タイム・リープの結果、自分が覚えてても相手が知らなければ寂しいね、と言ったのが印象的です。寂しいのがまゆりっていう意味、岡部倫太郎はまだ気づいてないみたい。自分は忘れたくないのに、相手が忘れる以前に知らないって、なんだか切なくなっちゃいます。
 天王寺綯も、可愛いですね、ほんとよくできた子です。まあ、岡部もお互いさまだと割り切ってる辺り、よくできてると思います。天王寺裕吾に「1日それでいろ」って言われた阿万音鈴羽。それ、セクハラだから。映像の中には描写されなかったけど、Mr.ブラウンの顔が浮かんでしまいました。
 牧瀬紅莉栖が父から憎まれている、と悩む姿が歳相応で愛おしかったです。大の大人が、18かそこらの娘に、「私を憐れんでいるのか、さげすんでいるのか、娘の分際で」って普通言いますか? すでに、物理学者の目には自分をはるかに超えたライバルとしか見えていないのでしょうね。でも、同時に娘として愛しているから、親としてふがいない自分に腹が立っているのかもしれないですね。でも、その天才を生(≠産)んだのは、育てたのは、牧瀬紅莉栖の父なんですけどね。
 岡部倫太郎は、しょうもないことやってるように見えて、実は優しい人間だってことが分かってきました。牧瀬の「たまにいい奴だから困るのよね」ってところが、椎名まゆりが「自分から人質」になった理由なのかも。人質→捕らわれの身→心を奪われ?
 マッドサイエンティスト気取ってるのは、ほんとは人情味溢れる自分の隠れ蓑なのかもしれないって思えてきます。
 失敗を暗示するメールが気になるけど、実験はどうなるのか。
 さて、第12話はいかに。

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!