「仙台七夕まつり」前夜祭からの日程や歴史、駐車場や穴場など なぜ8月に七夕?

「仙台七夕まつり」前夜祭からの日程や歴史、駐車場や穴場など なぜ8月に七夕?

毎年8月に開催される、宮城県の「仙台七夕まつり」を知っていますか?
豪華な七夕飾りが有名で、“日本一の七夕まつり”とも言われているんですよ。
今回は、「仙台七夕まつり」の歴史や開催概要、見どころ、アクセス情報などをご紹介いたします!

仙台七夕の歴史 ~伊達政宗の時代から現在の「仙台七夕まつり」まで~

仙台七夕は、仙台藩祖・伊達政宗の時代から続く、長い歴史を持つ行事。
かつては、7月6日の夕方から笹の葉を飾って手習・手芸の上達を願ったり、農家では七夕馬を作って豊作を祈ったりしていました。

 

しかし、このような七夕まつりも、明治維新以降は次第に衰退。

 

特に、第一次世界大戦後の不景気を迎えてからは、ますます寂しくなっていきました。

 

しかし昭和2年、商家の有志達が不景気を吹き飛ばそうとして、華やかな七夕飾りを復活。
翌年の昭和3年には、仙台七夕をさらに盛り上げようと、仙台商工会議所と仙台協賛会との共催で「飾りつけコンクール」が開催されました。

 

季節感に合わせるため、これまで旧暦で行われていた七夕が、新暦日付の月遅れ、すなわち民俗学上中暦と呼ばれる8月6日~8日の3日間にわたり行われるようになったのは、この年からです。

 

第二次世界大戦中はほとんど行われなかった七夕まつりですが、戦後に再び復活。
元々は商店街の振興目的だったのですが、次第に規模を拡大し、観光イベントへと変化していきました。

 

現在では、七夕飾りだけでなく、ステージイベントや飾りの製作体験コーナー、フードコートなどもある、日本一のスケールの七夕まつりに。

 

毎年、全国から多くの観光客が「仙台七夕まつり」に訪れています。

2018年「仙台七夕まつり」の開催概要や見どころをチェック

2018年の「仙台七夕まつり」は、例年と同じく、8月6日(月)~8日(水)に、仙台市中心部および周辺商店街にて開催されます。

 

飾り付けの時間は、6日(月)と7日(火)が10~22時頃、最終日の8日(水)は10~21時頃を予定。

 

勾当台公園市民広場の「おまつり広場」は、3日間とも10~21時頃の開催を予定しています。

 

また、「仙台七夕まつり」前日の8月5日(日)には、前夜祭として、仙台西公園付近で「仙台七夕花火祭」も開催されます。

 

打ち上げ時間は、19時~20時30分。

 

約16,000発の花火が、仙台の夏の夜空を彩ります。

「仙台七夕まつり」最大の見どころといえるのが、大きくてカラフルな、たくさんの七夕飾りです。

 

特に、仙台駅前から中央通、東一番丁通のアーケード街にかけては、豪華絢爛な七夕飾りを見ることができます。

 

また、周辺商店街の昔ながらの笹飾りも、素朴な味わいがあって、心が和みますよ。

 

「おまつり広場」の見どころは、各種ステージイベントや、七夕の歴史を学べる展示、宮城の美味しいものを集めた出店などです。

 

ステージイベントでは、「奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊」の演武や、子どもに人気のキャラクターショー、さまざまなアーティストによるライブなどが行われます。

 

出店には、仙台名物の牛タンを使ったメニューも多数登場。

 

七つ飾りの製作体験や、短冊に願いごとを書けるコーナーなどもありますよ。

「仙台七夕まつり」の会場アクセスと駐車場&交通規制情報

「仙台七夕まつり」の開催期間中、仙台市内の道路は非常に混雑するため、会場へは公共交通機関で行くことをおすすめします。

 

会場最寄りのJR仙台駅までは、東京駅から東北新幹線で約1時間30分です。

 

車で行く場合は、東北自動車道の仙台宮城ICで降り、国道48号線で仙台駅へ向かいます。

 

ただし、渋滞に巻き込まれる可能性が高いことは、十分に覚悟しておきましょうね。

 

「仙台七夕まつり」には、専用の駐車場はありません。

 

そのため、コインパーキングなどの駐車場を利用することになります。

 

収容台数100台以上の大きな駐車場が多いのは、七夕飾り見物コースである東一番丁通周辺の一番町エリア。

 

一番町高速パーキング、ウエストパーキング一番町、ベルモーズパーキングなどがあります。

 

また、東二番丁通と広瀬通と駅前通に囲まれた本町エリアも、収容台数100台以上の駐車場が比較的多いです。

 

ただし、会場周辺の駐車場は料金が高い上に、すぐに満車になってしまいます。

 

会場から少し離れた駐車場に停めて、公共交通機関で仙台駅まで行く方がスムーズだと思いますよ。

 

最後に、交通規制についてご説明しましょう。

 

七夕飾り見物コースになる東一番丁通と中央通は、車両通行禁止になるのはもちろん、自転車の持ち込みも禁止されています(自転車を押して歩くのも不可)。

 

また、会場周辺の広瀬通や西公園通、番翠通、仙台西道路なども車両通行禁止になります。

 

通行禁止時間帯は道路によって多少異なりますが、朝から晩まで通行禁止になる道路が多いです。

 

各道路の詳しい通行禁止時間帯は、「仙台七夕まつり」公式サイトで、事前に確認しておくとよいでしょう。

今年の夏は、日本一の七夕まつり「仙台七夕まつり」を見に行こう!

「仙台七夕まつり」の魅力がおわかりいただけましたでしょうか?

 

かなり混雑はしますが、人生で一度は見ておくべき、感動的で壮大な七夕まつりです。
夏休みのステキな思い出になると思うので、ぜひ「仙台七夕まつり」へ足を運んでみてくださいね!

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!