ソードアート・オンライン―アリシゼーション― 第3期 第16話 あらすじと感想「金木犀の剣は千本桜のパクり?」

ソードアート・オンライン―アリシゼーション― 第3期 第16話 あらすじと感想「金木犀の剣は千本桜のパクり?」

第16話「金木犀の騎士」あらすじ

キリトは満身創痍の中、《武装完全支配術》をどうにか発動し、整合騎士ファナティオとの戦いは決着を迎える。再び《セントラル・カセドラル》の最上階を目指すキリトとユージオは、奇妙な昇降機の前にたどり着く。《昇降係》の少女の案内によって80階《雲上庭園》まで足を踏み入れた2人の前に現れたのは、ユージオが追い求める少女であり、神器《金木犀の剣》を持つ整合騎士アリス・シンセシス・サーティだった。

TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」オフィシャルサイト STORYより

感想「金木犀の剣は千本桜のパクり?

第16話の内容

ユージオの青薔薇の剣の武装完全支配術によって追いつめられたファナティオ・シンセシス・ツーは自滅覚悟の最後の攻撃を仕掛けようとしますが、キリトの完全支配術によってファナティオは倒されてしまいます。

 

昇降機を使ってセントラル・カセドラル80階『雲上庭園』にまで辿り着き、そこで待っていたアリス・シンセシス・サーティとは問答無用の勝負となってしまいました。

 

キリトはアリスの打ち込みを捌き、隙をついてキリトがアリスを拘束し、ユージオが青薔薇の剣の完全支配術を発動させ2人を氷漬けにし、カーディナルからもらった短剣をアリスに刺そうとしたユージオでしたが、氷はアリスの金木犀の剣の刀身にまで届いておらず脱出され失敗に終わってしまいます。

 

反撃に出ようとしたアリスでしたが、すかさずキリトが黒剣の完全支配術を使いアリスの攻撃を相殺しますが、その衝撃によって『不朽の壁』であるはずのセントラル・カセドラルの壁が壊れ、アリスとキリトは塔の外へと落下してしまいます。

 

セントラル・カセドラル内でユージオは1人取り残され、2人を助ける方法を考えるユージオとは無関係に壁の穴は塞がってしまうのでした。

 

アニメ第16話は以上のような展開で、アリスとユージオの再会が描かれる回だったので原作通りの丁寧な作りだと思いました。

 

ただやはりアニメの描写だけではアリスの強さが伝わりにくかったかなと思います。

 

キリトの完全支配術の正体は?

そもそも完全支配術とは武器の記憶を呼び覚ますという技です。

 

キリトの使った完全支配術は黒剣の元である『ギガスシダー』の記憶を呼び覚まし、その性質を放出しています。

 

ギガスシダーは『ソルス』(太陽)の光を吸収し、日々成長を続けた巨樹です。

 

その性質は硬さと鋭さ、そして圧倒的な重さです。

 

原作小説では

あらゆる光を吸い込むような漆黒の奔流が、うねり、よじれ、絡み合う。それらはたちまち一抱えありそうなほどに太い槍となり、前へ前へと突き進んでいく。

出典:小説 ソードアート・オンライン12 アリシゼーション・ライジング P.254 より

と描写されています。

 

簡単に言ってしまうと鋭く重い真っ黒な槍です。

 

アリスの強さとは?

整合騎士アリスは彼女が持つ金木犀の剣と彼女そのものの剣技という2つの強さを秘めています。

 

アリスが操る金木犀の剣は刀身を無数の花弁へ分裂させて敵を斬るという性質があります。

 

作中でもアリスが説明していたように金木犀の剣はアンダーワールドが作られ、ラースが最初に設定した小さな村にたっていたアンダーワールド最古の金木犀の樹からできています。

 

数ある神器級の武器の中でも最高ランクのもので、金木犀の剣の属性は『永劫不朽』。

アンダーワールドにおける最強の剣ということです。

 

また剣の性能だけでなくアリスは独特の強さを持っています。

 

アニメで描写で分かった方もいるかと思いますが、アリスの剣は1撃に重きを置くアンダーワールドの剣術の極みに至っており、構えだけでキリトとユージオにとってはどの技を繰り出すか予想ができますが、一撃がとんでもなく重く、連撃を繰り出そうとするキリトは一撃目で全て弾かれてしまいます。

 

整合騎士の番号は若い方が強いと勘違いしがちですが、アリスは例外的に強く整合騎士の中でもトップクラスです。

 

金木犀の剣はパクり?

アリスの金木犀の剣の能力を見て、『BLEACH』に登場する朽木白哉の卍解『千本桜景厳』を思い浮かべた方も多いと思います。

 

アニメの放送は『BLEACH』のほうが早いですし、あまりにも有名な技のためパクりでは?と考える意見も多いです。

 

ちなみにですが、登場時期を調べてみたところ

  • SAOの該当部分がweb小説として連載されていた期間が2005年1月31日から2008年7月25日まで(半年程度の休載期間を含む)
  • BLEACHで千本桜が週間少年ジャンプで掲載されたのは2004年の後期

 

登場時期は『BLEACH』が先ですが、どちらも舞い散る花吹雪をイメージして作られています。

 

創作物としてはよくあるもので、SAOのweb小説版は書籍化に伴い非公開になっているため金木犀の剣と千本桜の関係は実際のところは不明です。

 

ただしこの辺りは既に両作品共に独自の世界観を築いており剣に特殊な能力を持たせるという点で発想が一致してしまっただけかもしれません。

 

この金木犀の剣と千本桜の関係はSAO作品と『.hack』作品を比べることと同じようなものかもしれませんね。

 

 

第16話の感想と解説は以上です。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!