アニメ オーバーロード第1話あらすじと感想『別れは新たな出会いのために』

アニメ オーバーロード第1話あらすじと感想『別れは新たな出会いのために』

オーバーロード第1話『終わりと始まり End and beginning』【あらすじ】

 DMMORPGという仮想現実型RPGが広まった世界。その中の一つであるユグドラシルが最後の時を迎えようとしていた。

 

 サービス終了日、モモンガは自らの立てたギルドの本拠地で、そのことを憂えていた。

 

 しかし、彼はサーバーが落ちるはずの時間になってもログアウトされないままだった。そして、コマンド画面やGMコールなどが無いという異常が発生していることに気づく。しかも、NPCにも脈が有り、また、本来整備されていない匂いがあるなどの異変も発生していたのだった。同時に、アイテムの設定などはもともとのゲームの中のものが引き継がれていることを確認する。

 

 そこまで確認して彼は、自分が異世界転生しているかもしれない、という結論を出すのだった。

『別れは新たな出会いのために』【感想】

 オーバーロード第一期の第一話。物語の始まりは少し寂しいところからのスタートでした。

 

 きっと、ネットでゲームをしたことがある人は、「サービス終了」というお知らせに悲しんだことがあると思います。僕はそこまでゲームをしてきた人ではないのですが、スマホゲームのサービス終了に悲しんだ記憶はあります。

 

 それまで積み上げてきたものが形式上消えてしまう、という悲しみがまずあるでしょう。そして、RPGの場合だとギルドメンバーと集まる場所がなくなってしまうと言う悲しみもあるでしょう。

 

 もちろん、それらが全て跡形もなくなってしまうだというわけではありません。アイテムなどはもちろん使えなくなってしまうので、消えてしまう、という感覚を味わうのは仕方ないことだと思います。ただ、メンバーとのつながりなどは、その限りではないと主運dネス。もし、現実世界で何らかの手段で連絡することができるようにしておけば、そのつながりというものは消えないからです。

 

 さて、とはいっても、今回の場合は、そういう現実世界とのつながりなどはリセットされてしまったと考えてしまうのが正解かもしれません。

 

 なんと言っても、今回モモンガは異世界転生という形で、ユグドラシルの世界に入ってしまったからです。こういうタイプの物語は少し珍しいかもしれません。主人公はユグドラシルをやりこんでいたため、めちゃくちゃ強いですが、この物語は、強くてニュ―ゲーム、というのとも少し違います。それに、ソードアート・オンラインのような、ゲームの中に捕らわれる、という世界観とも少し違います。

 

もちろん、ただの異世界転生とも違います。この物語のような、元々知っていた世界で、今度はその世界の住人として生まれ変わる、というのは、あったようで無かった設定かな、という風に思います。

 

 しかも、主人公が明らかに人間じゃない姿をしている、というのもなかなか新しいように思います。

 

 現状ではどんな物語繰り広げられていくのか、ということが見えないような状態ですが、これからモモンガの新しい異世界での生活が幕を開けていくわけです。次回にも期待して、見ていきたいと思います。

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!