アニメ『約束のネバーランド』 第12話 あらすじと感想「レイはイザベラの子供だった!?第2期決定!」

アニメ『約束のネバーランド』 第12話 あらすじと感想「レイはイザベラの子供だった!?第2期決定!」

第12話「150146」あらすじ

必ず迎えに来ると約束し、4歳以下の子供たちを残していくことを決意したエマ。そして5歳以上の子供たちは訓練の成果を発揮し、ぞくぞくと崖を渡っていく。

一方イザベラは本部に通報し脱獄を阻止しようとするが、崖の向こうにいるエマたちを目にし、ついに追うことを諦める。自分もかつてハウスで育った子供であったイザベラは、遠ざかっていく子供たちの背中を静かに見送るのだった―――。

脱獄が成功し崖を渡ったエマたちは対岸の森を駆ける。自由を手にした喜びとこれから生きていくことへの決意を胸にしたエマが森を抜けると、そこには彼らを祝福するような朝陽が輝いていた。

TVアニメ「約束のネバーランド」公式サイトより

感想「レイはイザベラの子供だった!?第2期決定!」

第12話の展開

約束のネバーランドはまだ原作が完結していないこととアニメは今回で最終話であることから橋を使わずにエマたちは逃げるのでないかと予想していました。

 

また子供たちが塀へと向かった事とこれまで本部の周辺の事が描かれていなかったため1話でやり切るには無理があるのではと考えていました。

 

結果としては第12話の内容は4歳以下の子供たちを置いてエマたちは塀の途中で森へロープを張りそこから崖を渡って脱走に成功しました。

 

ただ最終話で明らかになった事実やイザベラの過去など続きが気になる展開でもありました。

 

まだ回収されていない伏線

ノーマンが最後に案内された部屋での驚きの正体クローネの残したペンはなんだったのかが謎のままです。

 

特別アイキャッチ

最終話でいつものノイタミナのアイキャッチが約束のネバーランド仕様に変更されていました。

 

エマ、ノーマン、レイの3人と共にノイタミナのいつものあれが流れ少し得した気分ですね。

 

4歳以下の子供たち

子供たちが脱走する際に全員がいないことにレイが第11話で驚いていましたが、第12話でその詳細が明らかになりました。

 

予想では脱走せずにイザベラと共にいることを選んだ者たちだと思っていましたが、フィルにのみ事情を伝え2年以内に迎えに行くという決断だったようです。

 

フィルは大事な場面に必ず登場し、スコアも良く頭のいい子供だと思っていましたが、グレイス=フィールドハウスの実状にも気が付いていたようです。

 

第2のレイといった印象でしたが、イザベラに気づかれていましたね。

 

ペットボトルロケット

ドンのロープ投げはこれまでの準備の一環で練習してきたことのようでそれほど驚きませんでしたが、トーマとラニオンがペットボトルロケットを作っていた伏線がここで回収されました。

 

ペットボトルロケットの方角や飛距離をコントロールするのはなかなか難しいと思いますが、対岸にさえ届けばいいのかもしれません。

 

数々の訓練

脱走決行の際にこれまでしてきた訓練が描写されていました。

 

ドンのロープ投げはもちろん、ロープを渡るためにロープウェイの遊びをしていたシーンも描かれていました。

 

イザベラの過去

エマたちが見つからないという連絡を受けてイザベラは「…まさか」と1人で塀の上へと向かいます。

 

断片的でわかりづらいですがイザベラも過去に脱走を試み、同じことに行きついたことがあるようです。

 

また第12話ではイザベラの過去が描かれていました。

 

イザベラのハウス時代の想い出とママになるために過ごした時間。

 

そしてレイがイザベラの実の子であることも明かされました。

 

この展開には予想していなかったので楽しめましたし、レイがイザベラの子供だったことにも驚きです。

 

総評

原作の漫画がある点でアニメ12話分では物語としては完結しないだろうなと思っていました。

 

しかし自分たちの置かれた状況に気づいてしまってからのエマとノーマンが大人たちに怯えながらも次第に仲間を増やし脱走という計画を確実なものにしていくための心理戦が毎回ハラハラとして楽しめました。

 

原作の漫画にある心理描写やコメディ要素などは意図的に排除していることもエマ、ノーマン、レイ、他の子供たちが何を考えて行動しているのかわからず展開が読めないから面白かったです。

 

第2期2020年放送

エマの「ハウスの真実を知ってから3ヶ月。私たちは今生きて外に居る。でもこれでゴールじゃない。あぁ自由ってなんて美しく、過酷なんだろう」というセリフと共に約束のネバーランド第2期が2020年に放送ということがエンディング後に明かされました。

 

残っている伏線が気になりますが、今度は限られた物資などの環境での脱走から子供たちを迎えにいくことが主題となりそうでどのような話になるのか気になります。

 

 

第12話の感想は以上です。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!