流しそうめんができる名古屋近郊のおすすめ7選2019年版

夏に食べたくなるものといえば、そうめんですよね。
家で食べるそうめんもいいですが、たまには流しそうめんを食べにおでかけしてみてはいかがでしょうか。

 

自然に囲まれて食べる流しそうめんは、格別な味わいですよ。

 

今回は、名古屋近郊でおすすめの流しそうめんスポット7件をご紹介します!

1.阿弥陀ヶ滝荘

「元祖流しそうめん 発祥の地」という碑が立つ、岐阜県郡上市にある「阿弥陀ヶ滝荘」。
50年以上も続く人気のお店で、遠方からもたくさんの観光客が訪れます。

 

「日本の滝百選」に選ばれており、東海一の名瀑とも言われる阿弥陀ヶ滝。

 

その阿弥陀ヶ滝のすぐ近くで、流しそうめんをいただけます。

 

特製のつゆに山わさびを溶かすのが、阿弥陀ヶ滝荘流の食べ方。

 

イワナの塩焼き、朴葉めし、焼だんごなどのサイドメニューも充実していますよ。

食べログ

2.釜ヶ滝滝茶屋


「釜ヶ滝滝茶屋」も、岐阜県郡上市にある人気の流しそうめんスポット。
つゆ1杯で食べ放題の流しそうめんは、大人が800円、小学生が500円、6歳以下の幼児が300円。

 

カレーライスと流しそうめんがセットになった「滝茶屋オリジナルカレーセット」(1,100円)や、山菜めしと流しそうめんがセットになった「滝茶屋オリジナル山菜セット」(1,100円)もおすすめです。

 

ご当地名物「郡上の鶏ちゃん」(1,000円)や滝茶屋オリジナルの「五平もち」(250円)なども人気ですよ。

 

滝の近くでマイナスイオンをたっぷり浴びながら、流しそうめんを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

食べログ

3.滝見亭

 

岐阜県養老郡にある「滝見亭」は、濃尾平野を一望する展望食堂。
こちらの流しそうめんに使用している水は、「日本の名水百選」や「日本の滝百選」にも選ばれた養老の滝の水なんです。

 

養老の滝から滝見亭までは、歩いて約5分。

 

滝の周辺を散策した後に、ぜひ立ち寄りたいスポットです。
食べログ

4.大滝鍾乳洞


岐阜県郡上市にある「大滝鍾乳洞」は、東海地方最大級の石灰洞窟。
敷地内にある小屋では、鍾乳洞から湧き出た水を使った流しそうめんの食べ放題を実施しています。

 

流しそうめんのみの利用もOKですが、鍾乳洞観光と流しそうめんのセットがお得でおすすめです。

 

夏でもひんやりとした鍾乳洞と流しそうめんを満喫して、火照った体をクールダウンしましょう。

 

大滝鍾乳洞公式HP

5.不動滝 ひろづき

岐阜県中津川市にある「不動滝 ひろづき」は、付知(つけち)峡の絶景スポット・不動滝の入口に隣接する料理民宿です。

 

料理民宿ならではのこだわりが詰まった流しそうめんは750円。

 

歯ごたえがあり、もっちりとした麺が美味しいと評判なんです。

 

また、生け簀から直に取り出したアマゴやイワナ、地元の山で採れた山菜料理も大人気。

 

 付知峡の大自然を眺めながら、絶品の流しそうめんや、山の幸・川の幸をいただいてみませんか。

 

食べログ

6.リバーパーク真見

三重県津市にある「リバーパーク真見」は、流しそうめんやバーベキュー、パターゴルフなどが楽しめる水辺のレジャー施設。
まるっと一日遊べるので、ファミリーにおすすめです。
流しそうめんは、大人が700円、子どもが500円。
丘の上の小屋から勢いよく流れてくるそうめんに、子どもたちも大喜びすると思いますよ。
屋根が付いていて雨の日でも安心なのも、嬉しいポイントです。
じゃらん.net

7.烏丸

 

岐阜県多治見市にある「烏丸(からすま)」は、隠れ家的な居酒屋ダイニング。

流しそうめんができる場所というと、滝の近くなどの山間部というイメージが強いですが、ここでは階段を使って、町の中でありながら、流しそうめんを楽しむことができるんです。

 

人気ナンバーワンメニューの「こだわり自家製つくね」(140円)も、ぜひ流しそうめんと一緒に味わってくださいね。

 

食べログ

大自然の中で流しそうめんを味わい、夏の暑さを忘れよう!

いかがでしたでしょうか。

 

名古屋近郊の自然豊かな名水スポットでいただく流しそうめんは、どれも本当に美味しそうですよね。
夏休みの思い出作りに、ぜひ家族で流しそうめんへ出かけてみてくださいね!

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!