満天☆青空レストランで紹介岐阜県郡上アマゴ釣りについて

満天☆青空レストランで岐阜県郡上のアマゴ釣りが紹介

今回満天☆青空レストランで紹介されるのは岐阜県郡上のアマゴ釣りです。
 岐阜県というと、どんなイメージがありますか?高山や郡上八幡などの古い町並みの景色と、清流の流れる美しい川、というイメージを持った方が多いのではないでしょうか。

 

 そして釣り好きの方には有名ですが、岐阜県郡上は渓流釣りの名所です。今回は満天☆青空レストランで紹介される、この渓流天国、岐阜県郡上のアマゴ釣りについて調べてみたいと思います。

満天☆青空レストランで紹介される岐阜県郡上について

 岐阜県郡上市は、県のほぼ中央に位置し、飛騨高地の南側にある山岳地帯です。小京都「郡上八幡」や白山信仰の地として有名です。7月から9月に行われる夏の盆踊り「郡上おどり」には30万人を超える観光客が集まります。郡上おどりは、日本三大盆踊りの一つで、重要無形民俗文化財に指定されています。

 

 また、冬季は山岳地帯の寒冷な気候から多くのスキーヤーが集まり賑わいます。水の町としても有名で、八幡地区の市街地には、湧水や山水を引き込んだ水路が張り巡らされ、城下町らしい軒の低い町並みとともに、風情のある景観を見ることができます。

アマゴ釣りについて

 岐阜県郡上市を流れる長良川は、大日岳・鳥帽子岳の源流から深山の静冽な水を集めて渓流となる、全国でも数少ない自然環境にとても恵まれた川です。その為この長良川で育ったアマゴは素晴らしく良質です。

 

 今年は2月11日に渓流釣りが解禁し、9月ごろまで釣りを楽しむことができます。今年もすでにたくさんの釣り人たちが、この地を訪れて渓流釣りを楽しんでいます。

アマゴってどんな魚?

 アマゴは、長良川を代表する川魚です。姿はヤマメととても良く似ていて、淡泊な身と柔らかい骨が特徴です。アマゴには脇腹に赤い斑点があるので、腹を見るとヤマメとの区別をつけることができます。アマゴの寿命は4~5年で、時には30センチを超える大きさに育つこともあります。

 

 激しい流れの中で生活するため、ヒレが発達し、身が引き締まっています。スーパーで売られているアマゴの大半は養殖もので、価格は240円前後。塩焼きや刺身、天ぷらなど幅広い調理方法で楽しむことができます。

アマゴの釣り方

 アマゴ釣りには、「遊漁証」が必要です。川に降りる前に、漁業組合で券を購入します。近くのコンビニや商店などでも販売していることがあるので、販売場所と販売時間を事前にチェックしておきましょう。

 

 値段は1000円くらいです。釣りには渓流竿と呼ばれる延べ竿を使います。ガン玉と呼ばれるおもりを付け、アカムシやイクラなどの釣り餌を使います。

お問い合わせ先 郡上漁業協同組合
住所 岐阜県郡上市八幡町有坂1238番地
交通機関

車:東海北陸自動車道 美並IC・郡上八幡ICから5分。
電車:名古屋駅から名鉄に乗り関駅で長良川鉄道に乗り換え、

木尾駅~郡上八幡駅で下車。徒歩5分。

電話番号 0575-65-2562
 

 ここまで岐阜県郡上市のアマゴ釣りについて調べてきました。アゴマという魚にあまり馴染みがないという方も、少し興味が湧いてきたのではないでしょうか。今年の夏は、家族や仲間とアマゴの清流釣りを楽しむ、という計画を立てるのはいかがですか?

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!