ケンミンショー、チーかまドッグの由来。姫路のお店やレシピ、東京や通販で買えるの?

今回ケンミンショーでは姫路のご当地グルメチーかまドッグが紹介されます。

 

チーかまはわかると思いますが、チーかまドッグ?と思うと思いますので、調べてみました。

チーかまドッグとは?

チーかまドッグとは、その名の通り見た目とサイズは完全にアメリカンドッグですが、中にソーセージの代わりにチーかまが入っている姫路のご当地グルメになります。

しかし、その中にはソーセージの代わりにチーかまが入っています。

 

販売しておりますのはヤマサの竹輪でおなじみの姫路に本社があり創業1916年の蒲鉾の老舗店「やまさ蒲鉾」が製造販売しております。

 

さて、チーかまドッグの味や食感ですが、衣はホットケーキのような少し甘みがある生地で、ふわふわとした食感です。

さらに生地の中には白身魚の旨みと、ソーセージの代わりにチーかまが入っています。

 

そんな生地の甘みと、チーカマのしょっぱさが絶妙で、一度食べたらクセになる人が続出し、姫路人の愛するご当地グルメとなっており、年間16万本を売り上げる大ヒット商品となっております。

 

そのアメリカンドッグ的な食感やボリュームと1本150円というお手軽なお値段はおやつ感覚で食べられ、小腹を満たすことができ、子どもにも人気があります。

チーかまドッグの歴史や売っているお店

チーかまドッグが開発されたのは、2006年と割と最近です。

 

姫路駅と姫路城を結ぶ、大手通り沿いにお店(大手前店)をオープンする際に、片手で食べることができる新感覚の目玉商品として開発されました。

 

ヤマサ蒲鉾大手前店

こちらのお店では、ヤマサ蒲鉾で作られた様々な蒲鉾商品から、その場で食べることができるテイクアウト商品が販売されています。

 

店内でチーカマドッグを購入することができ、揚げたてを味わうことができます。姫路駅からも近く、姫路に行かれた際にはぜひ立ち寄ってみてください。

 

住所 兵庫県姫路市二階町60 1F
交通機関 姫路駅から徒歩5分
山陽姫路駅から421m
電話番号 079-225-0033

(食べログURL)

 

またヤマサ蒲鉾の蒲鉾工場には「かまぼこ工房 夢鮮館」という展示場があり工場見学の際にこちらでも買う事ができます。

 

ヤマサ蒲鉾株式会社 かまぼこ工房 夢鮮館

 
住所 兵庫県姫路市夢前町置本327-16
交通機関  
電話番号 079-335-4800

チーかまドッグは東京で買うことはできるのか?

やまさ蒲鉾さんの通販でも、チーズドックは販売されていません。

 

現在は都内で購入できるお店も無いようで、チーズドックは姫路に行かないと食べることができません。

 

その為、東京等の姫路以外の方は自分で作るというのが、チーかまドッグを食べる方法になります。

幸いネットではチーかまドックのレシピを投稿されている方もいます。

 

番組でチーかまの製造工程の解説がありましたが、チーかまドッグ用のちーかまを使っているため、市販のチーかまをつかっても完全再現はできないかもしれません。

 

しかし、市販のチーかまでも揚げたてはとても美味しく、簡単に作ることができるので、食べてみたい方はぜひ作ってみてください。

 

チーかまドッグレシピ

ホットケーキミックスを使用することで、簡単に自宅で作ることができます。

 

生地の甘さと、チーカマのしょっぱさが絶妙で美味しく、おやつにぴったりなのでぜひ作ってみてください。

 

材料

  • チーズかまぼこ:4本
  • ホットケーキミックス:100?150グラム
  • 卵:1個
  • 牛乳:50cc 油:適量

作り方

  1. チーズかまぼこを3等分にして、爪楊枝を刺しておく。
  2. ボウルに卵、牛乳を入れて混ぜ、ホットケーキミックスを少しずつ加えながらさっくりと混ぜる。
  3. フライパンに油を入れて熱する。
  4. 爪楊枝を刺したチーカマにホットケーキミックスをつけて揚げる。こんがりときつね色になったら完成。

ポイント

ホットケーキミックスが固めだと、衣がしっかりついて食べごたえが出ます。

 

ホットケーキミックスと牛乳で、お好みの加減に調整することができます。チーカマも半分や一本そのままで作ることで、好きなサイズで作ることができます。

 

クックパッド:

 

端的に言ってしまうとホットケーキミックスをつけて揚げるだけです。

 

なので、やまさ蒲鉾の近辺にお住いの方以外は、チーかまを自分で買ってきて作るのが一番手っ取り早いと思います。

 

最後に

という事でチーかまドッグについてご紹介させていただきました。

 

既存の商品を別の商品の調理法をすることで、新たに名物となるB級グルメのお手本みたいな商品ではないでしょうか?

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!