ケンミンショーで話題のかしわ飯を自宅で作れる「かしわめしの素」4選

ケンミンショーで話題のかしわ飯を自宅で作れる「かしわめしの素」4選

ケンミンショーで紹介されたかしわ飯を簡単に作れるネットで買える「かしわめしの素」徹底比較!

福岡のソウルフード「かしわめし」が自宅で気軽に楽しめる「かしわめしの素」が各社から販売されています。完成品の画像がどれもおいしそうで、何を基準に選べばいいのかわからない!販売サイトをじっくり見てみると、他の商品との違いやアピールポイントが見えてきます。

【1】「かしわめしの素」はかた一番どり 2合用 2袋入り 1080円

 

鶏肉には「博多一番どり」を使っています。福岡の有名なブランド鶏ですね。レトルトパックなので常温で保存できますが、具体的にどれぐらい保存しておけるのか販売サイトに書かれておらず、不明です。
・分量
1袋でお米2合に対応していますが、あらかじめ濃い目の味付けがされているので、お米と水の量を増やす調整することで薄味にできます。薄味にする目安としては2合半から3合だそうです。
・具材
具材は鶏肉とごぼうのみですが、好みに応じて具材を加えることもできます。お米の量に合わせて水を加えたあと、追加の野菜を入れ、かしわごはんの素を加えればOKです。販売サイトに説明が書かれているのはうれしいですね。
・ポイント
この商品は、混ぜご飯の素としても炊き込みご飯の素としても使えます。いつも通りご飯を炊いたけれどやっぱり……というときはレトルトを混ぜるだけでかしわめしが作れます。また炊き込みご飯の素として使うと「おこげ」ができるので、あの香ばしさが好きな方は炊き込みご飯をオススメします。

【2】「はかた地どり鶏めしの素」【205g×2パック】 約2~3合分 1000円

 

こちらも福岡のブランド鶏として有名な「はかた地どり」を使用しています。賞味期限は製造日から1年、常温保存です。とても分かりやすい賞味期限なので、常備しておきやすいですね。
・分量
1パック205g入りのものが、お米2合に対応しています。混ぜご飯の素ですので、味を確認しながら好みの濃度に調整できます。
・具材
具材は鶏肉とごぼうのみです。具材を追加したい場合は、別途甘辛く煮込んで用意しておく必要がありますね。【1】「かしわめしの素」に比べると鶏肉のカットサイズが大きめですので、具材を追加しなくても満足感は得られるかもしれません。
・ポイント
原材料の中にうま味調味料や人工的なエキスの記載がありません。はかた地どりのおいしさをぎゅっと詰め込んでいるからこそ、余計な味付けをせずに自信を持って販売できるのではないでしょうか。

【3】「かしわめしの素」地鶏スープで炊く鶏飯1袋 540円

 

高級ブランド鶏「名古屋コーチン」からとったスープが自慢の商品です。ただし名古屋コーチンが使われているのはスープのみで、具材の鶏肉の産地は不明です。また保存は常温保存で商品には賞味期限の記載があるようですが、購入前には確認できません。フリーズドライの具材とレトルトのスープなので、長期間保存は可能かと思われます。
・分量
1セット(具材・スープ)でお米3合に対応しています。水は3合分の目盛りに合わせ、そのあと具とスープを入れるだけなので分かりやすいですね。炊き込みご飯専用の商品です。
・具材
市販の「素」と比較して具材が多いのがアピールポイントのようですが、原材料中の具材らしき記載は鶏肉、ごぼうのみです。販売サイトの画像にはニンジンが写っていますが、炊き込む際に加える必要がありそうです。
・ポイント
3合用のボリュームで540円はとてもリーズナブルですね。名古屋コーチンのスープで作る炊き込みご飯がこのお値段で楽しめるのは魅力的です。炊き込みタイプですので、具材の追加もできます。気になるのは原材料です。「名古屋コーチン」という高級素材で勝負する商品に、アミノ酸系調味料やエキス類、オイスターソースなどの追加調味料がいくつも使われているのはもったいないですよね。

【4】ヤマモリ「九州かしわめし」210g  213円

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマモリ 九州かしわめし 210g
価格:213円(税込、送料別) (2018/4/12時点)

 

とにかくリーズナブルにかしわめしを楽しみたい人にオススメなのはこちらの商品。九州産の若鶏を使用しています。炊き込みご飯用のレトルトパックです。賞味期限などの記載はありません。
・分量
1パック210gでお米3合に対応していますが、味付けの好みによって2合から4合に調節可能です。このお値段で4合炊けるのはお得です。
・具材
ごぼうとにんじん、鶏肉が入っています。他の商品では原材料名の最初に書かれている「鶏肉」が、こちらでは4番目。ということで「お肉たっぷり」は期待できません。しかし炊き込みご飯の素ですので、お肉はもちろんのこと他の具材の追加は可能ですね。
・ポイント
安く手に入るのはうれしいですね。常にストックしておきたくなります。調味料はたくさん加えられていますが、最終的な味がまとまっていればいいというタイプの方なら夕飯の頼もしい味方になってくれるはずです。また、ひとり暮らしの方でも無理なく購入できますので、まとめて炊いたかしわめしを冷凍保存しておくといいかもしれません。

どこにこだわるかが決めて

どれも全て「かしわめしの素」です。具材の質、添加物の有無、余計な味付けの有無や保存性、そして価格、どれを重要視しますか?常備しておきたい!と思える「かしわめしの素」に出会えるといいですね!

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!