• ゴールデンカムイ 第10話 あらすじと感想「明かされるアシㇼパの父親とは!?」

ゴールデンカムイ 第10話 あらすじと感想「明かされるアシㇼパの父親とは!?」

ゴールデンカムイ 第10話 あらすじと感想「明かされるアシㇼパの父親とは!?」

ゴールデンカムイ 第十話「道連れ」あらすじ

 世話になったアシㇼパの村を後にした谷垣は、二瓶の村田銃を手に尾形と二階堂との戦いを決意する。だが、残された弾は1発しかなく、足のケガもまだ完治していない谷垣にとって状況は圧倒的に不利。そんな中、ヒグマが食いかけた鹿の死体を発見した谷垣は、相手をそこにおびき寄せる作戦に出る。鹿の死体を調べる二階堂をヒグマが襲い、これを精密射撃で退ける尾形。その瞬間、尾形の居場所を察知した谷垣の銃口が火を噴くッ!

 谷垣の一撃を食らいながらも、運良く致命傷を免れた尾形。そこに鶴見中尉らが駆けつけたため、尾形は逃亡し、一部始終を見届けた谷垣もその場から姿を消す。

 一方その頃、雪山を移動中の杉元たちだったが、川に転落した白石が巨大魚に呑み込まれてしまう。アイヌの伝承にあるイトウの主を思わせる巨大魚から白石を救ったのはアシㇼパの父の友人で、名をキロランケといった。アシㇼパを探していたというその男は、自分の村にアシㇼパの和名「小蝶辺明日子」を知る老人が訪れたことを伝え、のっぺら坊こそが彼女の父だと告げる。予期せぬ情報に動揺するアシㇼパ。事の真偽を確かめるため、杉元たちはキロランケと札幌経由で網走監獄を目指す。

 TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイトStoryより

感想「明かされるアシㇼパの父親とは!?」

  • 第十話の感想

第十話は前回から続き谷垣源次郎と尾形百之助との戦いからはじまりました。

雪山ではマタギである谷垣のほうが尾形や二階堂浩平よりも優れていることは確かですが、谷垣の身体が完治していないことや数の差、残弾と谷垣にとって不利な点がいくつもあります。

偶然見つけたヒグマを利用し、尾形をおびき出そうとする谷垣。

しかし尾形も絶対に罠だと警戒を怠りません。

尾形が狙撃体制に入り、雪の塊を口に入れたのは、吐いた息が白くならないようにという工夫でしょうか。

あっけなくヒグマに襲われてしまう二階堂ですが、周囲警戒をしていた尾形もヒグマの接近に気づかなかったのは何故だろうと思いました。

猟師と兵士ではやはり見るところが違うのかもしれません。

銃を持っていないと勘違いし谷垣を挑発してみせた尾形ですが、その行動が尾形にとって失策となってしまいました。

尾形に一撃を放った谷垣は銃の持ち主である二瓶鉄造の決め言葉を口にしてしまいます。突然それはやめてください(笑)

しかし尾形は仕留めきれていなかったようです。

 

鶴見率いる第七師団の登場により尾形と相手をする必要がなくなった谷垣はどさくさに紛れてその場を後にします。

幸い谷垣は第七師団員の「追跡に気づかれた三島と尾形が交戦したもののようですね」というセリフにあるように存在に気づかれることがなかったようで一安心です。

尾形は鶴見率いる第七師団から逃れることができたようですが、二階堂は鶴見から杉元佐一を条件に再び鶴見の元へ戻ります。

小宮は果たして本当に造反者だったのでしょうか。嘘のように思えますが…。

 

杉元佐一も刺青人皮を追う陣営を意識しはじめました

土方に会っていることを白石由竹は言わないのは何故でしょうか。

「ねぇ見て杉元、フクジュソウの花が咲いてるよ~」「やだ、かわいい」のくだりには笑ってしまいました。女子かッ!

 

チライアパッポはアイヌ語名でフクジュソウを指すようです。

イワン・オンネチェップ・カムイとイトウの主のことを説明していましたが、今日は一段とアシㇼパが何を言っているのかわからないところが多いですね。

そして現れたイトウの主に飲まれそうになっていた白石ですが、そこにアシㇼパの父の古い友人であるキロランケが現れます。白石の人魚ネタの直後というのが残念ですが(笑)

キロランケはアシㇼパに「やっと会えた」とどうやらアシㇼパのことを探していたようです。

キロランケから明かされたアシㇼパの和名「小蝶辺明日子」という情報と、アイヌの埋蔵金を奪った男のっぺら坊がアシㇼパの父親だと断言されてしまいます。

しかし「アシㇼパは信じない。自分の目で確かめるまでは」とのっぺら坊は父親の可能性があるとしています。

そしてキロランケやアシㇼパの父親は日本のアイヌじゃないということですので、アシㇼパはハーフなのかもしれないですね。キロランケのやり取りなど杉元佐一は今回かなり怖い雰囲気を纏っていました。

すっかりアイヌの村に馴染んでしまっている谷垣ですが、二瓶鉄造に指摘されていた帰る場所がアイヌの村になっていてくれるといいなと思います。

敵役だった谷垣がいつのまにか憎めない存在となっているのも不思議です。

 

とうとう小樽から網走に向けて舞台が移動しはじめるかのようにとれる物語の展開ですが、安定の酷い扱いを受けている白石の乗っている道産子はどこまで皆についていけるのでしょうか?置いてきぼりにならないか少し心配です(笑)公式サイトやOP・EDに載っている登場人物も出揃い、次の舞台でどんな物語が展開されるのか楽しみです。

 

Topics

  • ゴールデンカムイ今回の狩猟料理

イトウの丸焼き:脂っぽさを表現されていますが、イトウそのものは薄めの味だそうですので天然獲れたてならばちょうどいいのかもしれません。白石の雑モザイクの後にヒンナヒンナタイムとなりましたが、おいしそうというより目玉が大きすぎて怖かったです。

 

  • 現在地

    • 杉元陣営:小樽
    • 鶴見陣営:小樽
    • 土方陣営:小樽
    刺青所有状況

    • 杉元陣営:5
    • 鶴見陣営:1
    • 土方陣営:3
    未発見の刺青人皮

    16/24

 

 

第十話の感想は以上です。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!