• ゴールデンカムイ 第8話あらすじと感想「既に煌めいています!」

ゴールデンカムイ 第8話あらすじと感想「既に煌めいています!」

ゴールデンカムイ 第8話あらすじと感想「既に煌めいています!」

ゴールデンカムイ 第八話「殺人鬼の目」あらすじ

 牛山に追われる白石は、鉢合わせた第七師団の兵士たちを巻き込むことでピンチを脱する。そんな中、町の建物が土方の一味に次々と爆破される事態が発生。騒動を尻目に銀行へと侵入した土方は、貸金庫から愛刀・和泉守兼定を奪取する。そこに爆破が陽動だと気づいた鶴見中尉が駆けつけ、撤退しようとする土方と火花を散らすッ! 一方、転んでもただでは起きない白石は、騒動後に土方の居場所につながる手がかりの入手に成功する。

 土方の隠れ家を突き止め、中の様子をうかがう白石。だが、牛山に捕えられ、土方から協力するか殺し合うかの選択を迫られる状況に追い込まれてしまう。前者を選んだ白石に対する土方の要求は、連続殺人犯・辺見和雄の刺青人皮を持ってくること。そうとは知らず、杉元たちは白石の情報を元に辺見の潜伏先と見られるニシンの漁場を目指す。小樽の海岸に着くなり、偶然出会ったアシㇼパの叔父の頼みでクジラ漁に駆り出される一行。漁のさなかに転覆した別の漁船の漁師を助ける杉元だが、その男こそが辺見だった。この人なら残酷に僕を殺してくれる――辺見は自分と同じ人殺しのニオイがする杉元に興味を抱き、本性を隠したまま接近する……。

 TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイトStoryより

感想「既に煌めいています!」

  • 第八話の感想

第八話を視聴してついに土方陣営に杉元陣営の存在がバレてしまい、白石由竹はどっちにつくの?と思いました。

 

土方歳三はアイヌの埋蔵金を奪った男と目的が一致するらしく、土方の目的とはいったいなんなのか気になります。

国を作り蝦夷地独立のための戦争のことでしょうか?

 

第七話に引き続き牛山辰馬に追われる白石由竹と遭遇してしまった第七師団。

どうやら牛山は偶然第七師団の元へ行ってしまったようですが、土方の陽動だったようです。

土方の本当の狙いは土方歳三の愛刀「和泉守兼定」でした。

土方陣営が小樽に留まっていたのはこれが目的だったのでしょうか。

いや偶然に合ってよかったですね。ご都合主義です。

土方を打った時に落ちた帽子を被った鶴見はなかなか似合っていましたね(笑)。

 

杉元佐一とアシㇼパは狸狩りを行っているところに白石がレタㇻを貸してほしいと頼みにやってきましたが杉元佐一にとって白石はまだ信用できない人物であるようです。

アシㇼパの「気をつけろー白石、頭を噛まれるなよー。絶対に頭を噛まれるなよー。」というフリには笑ってしまいました。

なんだか猟犬のリュウにもちょっとバカにされている?ような気さえしてきます。

土方陣営の根城をうまくつかんだ白石ですが、捕らわれてしまいます。

牛山に白石が殴られたとき嫌な音がしたような気がしますが大丈夫でしょうか白石由竹。土方による尋問によって白石は杉元佐一の存在を明かしてしまいます。

しかし刺青人皮に関しては持ってないと白を切りましたが、土方は信じたのでしょうか。

 

土方から出された条件でもある辺見和雄という人物。

屈折した思考から既に煌めいていました

鰊を追って海岸へきた鯨を捕まえに海岸へ行っているアシㇼパの叔父達と合流するため杉元陣営は海岸沿いの鰊漁場へ移動します。

「まぁ極悪人のほうがこちらとしても気兼ねなく刺青をひん剥ける。」という杉元佐一のセリフから辺見に対しては捕らえて刺青を映すという温和な展開は考えていないようです。

 

やはり海岸の鰊漁場に潜伏していた辺見和雄でしたが次の狙いを自分と似た匂いを感じる杉元佐一に定めました。

「その代わり俺がくたばるときは安らかに死なせてもらおうなんて毛頭ない」という杉元佐一のセリフが辺見の目的への決定打となったようです。

 

既に煌めいているように思える第八話でしたが第九話「煌めく」でどのような煌めきが見られるのか。そして物語の展開も楽しみです。

Topics

  • ゴールデンカムイ今回の狩猟料理

白米と鰊と野菜の麹付け:辺見和雄からご飯でもいかがかと誘われごちそうになった。今回は狩猟料理ではないですがヒンナなようです。ヒンナヒンナ。

 

  • 現在地

    • 杉元陣営:小樽
    • 鶴見陣営:小樽
    • 土方陣営:小樽
    刺青所有状況

    • 杉元陣営:4
    • 鶴見陣営:1
    • 土方陣営:3
    未発見の刺青人皮

    17/24

 

 

第八話の感想は以上です。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!