• ゴールデンカムイ 第6話 あらすじと感想「その一言がなければ二瓶鉄造めちゃくちゃかっこいいのでは!?」

ゴールデンカムイ 第6話 あらすじと感想「その一言がなければ二瓶鉄造めちゃくちゃかっこいいのでは!?」

ゴールデンカムイ 第6話 あらすじと感想「その一言がなければ二瓶鉄造めちゃくちゃかっこいいのでは!?」

ゴールデンカムイ 第六話「猟師の魂」あらすじ

過日、小樽の山中でアシㇼパを追い詰め、狼のレタㇻに重傷を負わされた谷垣は生きていた。彼を助けたのは、足を踏み入れた山の熊を全滅させてしまうと言われる凄腕の猟師・二瓶鉄造。二人は絶滅したとされる狼の存在に猟師の血を刺激され、レタㇻとの勝負を渇望していた。そんな中、二瓶の猟犬・リュウがいつもと違った行動を見せる。熊を恐れないアイヌ犬の怯えた姿に、ひとつの確信を得る二瓶――我々は狼の縄張りにいるッ!

 二瓶と谷垣がレタㇻを探している頃、杉元はアシㇼパの助けを受けながら狩猟に挑戦していた。そのときの銃声を耳にし、すぐさま音のした場所へと足を運ぶ二瓶と谷垣。二人が到着したときにはすでに誰もいなかったが、周囲の状況からそこにレタㇻとアシㇼパがいたことは間違いなかった。その後、杉元たちはアシㇼパが作った仮小屋で白石と合流。彼が入手した情報から、脱獄囚には二瓶鉄造という名の腕の立つ猟師が含まれ、その男がレタㇻを標的にしていることを知る。翌日、レタㇻを待ち伏せる二瓶と谷垣を発見し、狩りを妨害する杉元たち。二瓶の刺青を狙う杉元と、山での生存競争にこだわる二瓶――二人の男が勝負の火花を散らす!

TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイトStoryより

感想「その一言がなければ二瓶鉄造めちゃくちゃかっこいいのでは!?」

  • 第六話の感想

第六話を視聴して狩猟に関しては杉元佐一は心構えのようなものがまだできていないように思いました。

二瓶鉄造が語るように「命のやり取りをする」のではなく杉元佐一にとってはまだ一方的に獲物を狩るという考え方が強いのではないのかなと思います。

杉元が口にする仕留めるという言葉がそんな考え方の表れではないのでしょうか。

ですので鹿と対峙し鹿ににらまれたとき動けなかったのではと予想します。

そしてそんな経験から杉元佐一は鹿は必死に生きようとする自分と同じなのだと悟りました。

鹿の頭を持つ杉元佐一の絵面はシュール極まりないです。

 

二瓶ご飯「心臓焼きました」「血の腸詰め」とゴールデンカムイ恒例になりつつある独自料理が登場しましたが、二瓶ご飯はとてつもなく臭そうです。

 

一方、遅まきながら白石由竹から二瓶鉄造について情報を得ます。

二瓶という人物像に関しての情報が多かったですが、端的には刺繍人皮の情報を得られたということです。

その情報によってアシㇼパは自分が狙われていると勘違いしていましたが、レタㇻが目的だと気づいてしまいます。

 

谷垣源次郎の軍にも故郷に戻らない理由は自分でもよくわからなくなっているようでした。

そんな谷垣へ二瓶の「おまえにとって狼狩りは口実なのだ。軍にも故郷にも戻れず、お前の猟師魂は北海道の森を彷徨っている。谷垣よ、狼を獲ったら毛皮を手土産に故郷に帰れ。」というセリフが腑に落ちたようで、それを聞き谷垣は軍帽を焼きました。

 

軍を捨てマタギとして生きていこうという意思表示のようにとれます。

 

木化けした二瓶鉄造。狙われたレタㇻを救うアシㇼパ。そして不死身の杉元と化した杉元佐一。次回杉元陣営とマタギ二人が目的は違えど激突します。どのような結末が訪れるのか楽しみです。

またいつの間にか猟犬・リュウではなく湯たんぽと呼ばれてしまっていますが湯たんぽかわいいです。

 

Topics

  • 現在地

    • 杉元陣営:小樽
    • 鶴見陣営:?
    • 土方陣営:?
    刺青所有状況

    • 杉元陣営:3
    • 鶴見陣営:1
    • 土方陣営:2
    未発見の刺青人皮

    18/24

 

 

第六話の感想は以上です。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!