• 銀河英雄伝説 Die Neue These 2話のあらすじと感想 ちびくろサンボ!  あなたのおかげで運がいいんだ。

銀河英雄伝説 Die Neue These 2話のあらすじと感想 ちびくろサンボ!  あなたのおかげで運がいいんだ。

銀河英雄伝説 Die Neue These 2話のあらすじと感想 ちびくろサンボ!  あなたのおかげで運がいいんだ。

銀河英雄伝説 Die Neue These 第二話 アスターテ会戦 あらすじ

 自由惑星同盟軍・第二艦隊旗艦パトロクロスではパエッタ総司令官がヤン・ウェンリーの作戦案を見て、評価はするが採用はならないと却下する。

 

 意見を聞き入れてもらえないヤン・ウェンリーは抗うこともなく退室する。
そこへやってきたラオはヤン・ウェンリーに戦況をどう分析するか尋ねた。
ヤン・ウェンリーは敵の2倍勢力という見た目の有利が、必ずしも敵にとって危機ではないと答えた。

 

 パエッタ総司令官は想定空域に帝国軍の軍影が見えない事が信じられないと言う。ヤン・ウェンリーに戦況をどう見るのかと問い、ヤン・ウェンリーは帝国軍は各個撃破を採択したのだろうと答える。3分割された中の最小の敵から標的にするのはセオリーであるという考えだ。

 

 一方、自由惑星同盟第6艦隊は帝国軍より降伏を突きつけられた。
 

 帝国軍は長くは待たなかった。策をあぐねる間もなく第6艦隊は壊滅した。

 

 帝国軍による電波妨害で、連携をとれない自由惑星同盟は徐々に不利な態勢へと追い込まれつつあった。

 

 パトロクロスは被弾し、パエッタ総司令官も傷を負い、数々の進言を否定しながらも、ヤン・ウェンリーに一目置いていたのか、指揮を一任すると言った。

 

 ヤン・ウェンリーは全周波帯に圧縮データを送り、各艦の戦術情報システム、通信傍受しても判読できないコードC4を開くよう伝達した。

 

 ヤン・ウェンリーの作戦は、帝国軍の背後に回り攻撃をかけるというものだった。
ラインハルトは回避するため前進を続け自由惑星同盟を追う形を取った。

感想 ちびくろサンボ!  あなたのおかげで運がいいんだ。

 どうしてこんなに現実やフィクション問わず、柔軟に考えることのできない人々が指揮を執っているのでしょう。
 

最初はちょっと戸惑いましたが、第1話は帝国軍サイド、第2話は自由惑星同盟サイドのストーリー展開です。

 

今後もこの形式で進んでいくのでしょうか。

 

 各話、それぞれの側に特化しているので、ラインハルトもヤンも主人公になり得ますね。

 

ところで、銀河英雄伝説のそもそもの主人公ってラインハルト?

 

 ヤン・ウェンリーが敵役だとしたら凄すぎます。キャラクター(性格)設定でみるとヤン・ウェンリーの方が一般的な主人公タイプに見えます。

 

ラインハルトはホームズに対するルパン的存在感。

 

 しかし、著名な指導者にも影の権力者はいるもので、ラインハルトの場合はキルヒアイス、ヤン・ウェンリーの場合はこのアニメではラオなのでしょうか。

 

まだ判断はできませんが・・・。

 

 やっぱりキルヒアイスの深層心理で何を考えているのかわからない謎さがちょっとカッコいいかも。

 

 前回、ラインハルトの紡錘陣形に対する策があるとしたら、と予想しましたが、左右からの攻撃どころかグルグル巻きのちびくろサンボだったとは。

 

甲乙つけずに闘いを一時中断する良い機会だったかもしれません。

 

 ラインハルトが語り合ってみたいと言っていたような敵将が、まさにヤン・ウェンリーということになりますね。

 

 物語の中で、メインの人物がライバル視される件について、相手側の心理状態って実にさまざま表現されるけど、たった2話しか見ていませんが、ラインハルトはヤン・ウェンリーを認めつつも自分が優位に立ちたいタイプで、ヤン・ウェンリーはラインハルトのことは一向意に介さない、でいかがでしょうか。

寄稿[Chaki524:女性]
関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!