• 炎炎ノ消防隊 アニメ 第24話 あらすじと感想「最終話!12年前の火事の真相が明かされる!第2期は2020年夏放送」

炎炎ノ消防隊 アニメ 第24話 あらすじと感想「最終話!12年前の火事の真相が明かされる!第2期は2020年夏放送」

炎炎ノ消防隊 アニメ 第24話 あらすじと感想「最終話!12年前の火事の真相が明かされる!第2期は2020年夏放送」

第24話「第弐拾四話 燃ゆる過去」あらすじ

ショウとの戦いで負った瀕死のケガから生還したシンラの元に、第1特殊消防隊大隊長・バーンズが現れる。バーンズは、シンラと家族を引き裂いた“12年前”の火事の真相を知っていると言う。自身の過去に隠された残酷な真実と向き合うに値する成長と覚悟を示すことを、シンラに求めるバーンズ。全ての想いを込めたシンラの一撃は、バーンズの心に届くのか。あの火事の真実へ――

出典:TVアニメ『炎炎ノ消防隊』 STORY より

感想「最終話!12年前の火事の真相が明かされる!第2期は2020年夏放送」

第24話の感想

『炎炎ノ消防隊』では、TV放送後に原作漫画の該当部分を読み、感想や疑問点・考察と同時に原作漫画との比較を行っています。

 

アニメ第24話では桜備大隊長にシンラが報告をするという形でバーンズから明かされた12年前の火事の真実が判明しました。

 

第23話の幕引きがシンラとバーンズの戦いになるという展開だったので、第24話が始まってすぐにヴァルカンの車で移動となっており、少しあれ?と思ってしまいました。

 

車の中で気を落とすシンラを励ますヴァルカンはいい男でしたね。

 

原作漫画では第11巻

アニメ第24話の物語は原作漫画の第11巻に該当します。

 

アニメでは桜備に報告をするという形でバーンズとの戦闘シーンと12年前の火事の真相が描かれましたが、原作漫画ではそのままシンラ視点でバーンズに外に連れ出され、バーンズと戦闘をし、覚悟を問われてから真相を聞きます。

 

また細かなところがアニメではカットされていましたが、シンラの胸の治療痕などがどうなっているのかが原作漫画で描写されています。

 

12年前の火事の真相

結局12年前の火事の真相は出火元はショウ、シンラが目撃し復讐を誓っていた焔ビトの正体は母でした。

 

またショウがアドラバーストに目覚めたためその影響でシンラは第3世代の能力を発現します。

 

しかし火事はその後ハウメアが焔ビトを操ったため大きな被害を出すことがなく、焔ビトはその後の行方は不明です。

 

そしてこの伝道者にシンラが狙われるかもしれないとバーンズが危惧したため、シンラは真実を隠されこれまで信じてきた火事を聞くことになったということでした。

 

これによってシンラは目的を半ば失ってしまいますが、以前アドラリンクで焔ビトとなった母とリンクしたことから、もう一度リンクできないかという考えを持ちます。

 

次の目的はアーグ大隊長

アニメでは少しわかりづらいところがあったのですが、以前シンラが焔ビトとリンクした際に第4特殊消防隊のアーグの姿が見えたため、アーグ大隊長との繋がりを模索します。

 

そこへちょうど第6特殊消防隊のアーグ中隊長が実はアーグ大隊長の孫だったというご都合展開に発展します。

 

アーグ中隊長の協力と消防長の長官と連絡を取ろうとしていた桜備が接触の機会を作ることになります。

 

ヌードカレンダーはカット

原作漫画ではシンラが退院してきてから帰ってきたら男性陣が全員筋トレをしていたという展開になってしまいます。

 

その訳を聞くと恒例行事の特殊消防隊ヌードカレンダーのコンテストがこれから始まるというコメディー展開になり、シンラも退院早々に筋トレに励み第8男性陣渾身の筋肉を披露することになります。

 

アニメではこの話は最終回ということもありカットされています。

 

ちなみに結果は最下位でした。

 

休暇もカット

原作漫画では桜備にバーンズの話やショウとのことを報告したシンラは、その後休暇を与えられ、アイリスとマキと一緒に街へ買い物へ出かけるという展開になります。

 

貴重な私服が描かれ、シンラが今後「“焔ビト”化を治す方法を見つける!」と決意しているシーンも描かれているの話なのですが、こちらの話もアニメではカットされてしまいました。

 

第2期は2020年夏放送予定

公式Twitterで既に告知されていますが、『炎炎ノ消防隊』第2章の制作&放送が決定されたことが発表されました。

 

炎炎ノ消防隊のアニメはクォリティーがとても高かったので、第2期の期待も高まりますね。

 

総評

『炎炎ノ消防隊』は2クール24話の構成で放送がされました。

 

OPとEDも豪華アーティストが採用され、原作漫画を再現しつつも自然なアニメオリジナルの展開もあり、クォリティーがとても高い作品でした。

 

ただリアルで起こった事件とリンクしてしまい、途中で放送を延期してしまっていた点がとても残念です。

 

この辺りは制作側にはどうにもならないことですので不幸だったなと感じてしまうところですが、アニメの内容自体がいいところなのにしばらく視聴できないという状態になってしまったのでもったいないと思ってしまいます。

 

内容・クォリティー共に良い作品でしたので、見返す機会や一気見なんかがあったらとてもおすすめです。

 

また原作漫画もアニメで描かれなかった部分があるのでこちらも何か機会があれば読んでみることをおすすめします。

 

第24話の感想は以上です。

関連記事
error: Content is protected !!