炎炎ノ消防隊 第16話 あらすじと感想「アーサーノリノリの騎士ごっこ」

炎炎ノ消防隊 第16話 あらすじと感想「アーサーノリノリの騎士ごっこ」

第16話「第拾陸話 俺たちは家族」あらすじ

“アドラリンク”によって強力な殺意を感じ取り、工房に留まることを決めたシンラ。アーサー、アイリスと別れて一人森を探索するシンラは、敵と交戦するも、その老獪な戦術の前に倒れてしまう。 工房ではアーサーが白装束らの襲撃を抑えていたが、次第に劣勢となっていく。ヴァルカンは、リサやユウをアイリスに託し逃げるよう伝えるが……。

出典:TVアニメ『炎炎ノ消防隊』 STORY より

感想「新キャラ続々登場!アニメ第2章突入!」

第16話の感想「アーサーノリノリの騎士ごっこ」

『炎炎ノ消防隊』では、TV放送後に原作漫画の該当部分を読み、感想や疑問点・考察と同時に原作漫画との比較を行っています。

 

第16話ではシンラがアドラリンクによって感じていた通りヴァルカンの元へDr.ジョバンニが刺客を差し向け遊撃に出たシンラも捕まり、アーサーが奮闘するも形勢は逆転。

 

リサの裏切りさえも発覚しヴァルカンの作り上げた家族が再び壊れてしまうという展開でした。

 

Dr.ジョバンニが灰島の息のかかった刺客を仕向けるのではなく、伝道者だったこととリサもDr.ジョバンニによって仕向けられた内通者だったことは驚きました。

 

アーサー騎士ごっこを満喫する

第16話は驚かされることが多かったですが、アーサーの能力は本人の気分次第なところがあり、より「騎士っぽい」ことによって火力が上昇することがわかりました。

 

思い込みで強いのか、あれが本来のアーサーの戦闘能力なのかわかりませんが、アーサーってかなり癖のあるキャラですよね。

 

そこがいいんですが(笑)

 

エクスカリバーの威力は某騎士王を思い出しました。

 

原作漫画でも相手をしていたフレイルが「なんて身体能力…」と評しています。

 

結局アーサーの騎士無双状態もミラージュに自分自身の姿を見せられて、テンションがガタ落ちしてしまい劣勢へと陥ってしまいました。

 

シンラは1人で勝手に捕まる

アドラリンクによってDr.ジョバンニの悪意を感じ取り、先手を打って遊撃に出ていたシンラですが、Dr.ジョバンニの指摘通り、相手の戦力もわからないまま1人で突出してしまったため、Dr.ジョバンニに簡単に捕縛されてしまいます。

 

この時点だとシンラはまだ伝道者に自分が狙われており、自分1人だけの戦力では危ないということの自覚が足りないのかなと思いました。

 

ただ少し疑問に思ってしまったのですが、視聴側は伝道者がアドラバーストを狙っているということがわかっていますが、シンラ自身は自分が狙われていると気づいているのでしょうか?

 

たしかにアローなどにこちらへこいと言われたりしていましたが、シンラ自身がどうとらえているのか謎なところがあります。

 

原作漫画でもシンラが自身の能力を知っていくのですが、弟のショウが生きていることや伝道者の陰謀を阻止しようとする考えばかりが先行しているように思います。

 

伝道者の目的は天照のキー

第16話でリサがヴァルカンに言っていた通り、伝道者の今回の狙いは天照のキーです。

 

シンラは今回棚ぼた的に誘拐されかかっている訳ですが…。

 

これが何に使われるのかはまだわかりませんが、皇国を支えるただ1つのエネルギー供給源ですので、危険な思想を持っている伝道者に渡ることは阻止しなくてはなりません。

 

また作中でヴァルカンの祖先が天照の建造に関わっているということも明かされ、ヴァルカンにキーが託されていても不思議ではないのですが、作中の様子からヴァルカンは何のことだかわからないといった印象でした。

 

実際にヴァルカンはキーなんてものを託されてはおらず、知らないのではと考えています。

 

残った謎と展開予想

伝道者は天照のキーを何に使うのか?

 

ヴァルカンは本当にキーを託されているのか?

 

リサは本当に裏切っていたのか?

 

シンラはこのまま伝道者に攫われてしまうのか?

 

と疑問が多く残り次回が楽しみとなる回でした。

 

また伝道者が天照に何かをしようとしていることがわかったので、このヴァルカンに纏わる騒動の後に天照の調査が行われるなどという展開を予想しています。

 

第16話の感想は以上です。

関連記事
error: Content is protected !!