炎炎ノ消防隊 アニメ 第15話 あらすじと感想「新キャラ続々登場!アニメ第2章突入!」

炎炎ノ消防隊 アニメ 第15話 あらすじと感想「新キャラ続々登場!アニメ第2章突入!」

 

第15話「第拾伍話 鍛冶屋の夢」あらすじ

 

第8特殊消防隊の元に現れた怪しい白衣の男。それは、巨大企業「灰島重工」から「第8」に配属された研究員リヒトだった。不自然な人事をいぶかしく思う「第8」の面々。「機関員」の不在という問題を前に、桜備はシンラ達にヴァルカンという男を訪ねるよう命じる。様々な組織からのスカウトを拒否してきたというその孤高の凄腕技術者とは、一体どのような男なのか。

出典:TVアニメ『炎炎ノ消防隊』 STORY より

感想「新キャラ続々登場!アニメ第2章突入!」

第15話の感想

『炎炎ノ消防隊』では、TV放送後に原作漫画の該当部分を読み、感想や疑問点・考察と同時に原作漫画との比較を行っています。

 

浅草での一件も終わりアニメは第2章に突入。新OPと新EDに加え冒頭の語りも新しいものに変化しこれから何が起こるのかと楽しみになってしまいます。

 

筆者はcoldrainのファンでもありますので、新OPで毎週聞けるだけでもテンションがあがります。

 

第15話からは第8の隊員補充というところに焦点があたるのかなと思っています。特に機関員の候補としてヴァルカンですね。

 

またショウの示したアレというのは予想としてはちょくちょく出てきている割には原理が説明されていない『天照』なのかなと考えています。

 

原作漫画の挿絵でもちょうどシンラがアドラリンク・アドラバースト・アマテラス・ジョーカー・ショウと思い悩んでいるところが描写されており、短絡的ですが全てがアドラリンクによってつなげる事ができるとも考えられます。

 

新キャラ続々登場

 

これまでに名前だけや実際に行動に移っていなかったキャラクターも加え、第15話から新たに新キャラクターもシンラたちに干渉し始めます。

  • シンラの弟でもある灰焔騎士団 団長 象日下部
  • ジョーカーと手を組む科学者ヴィクトル・リヒト
  • ヴァルカン
  • ユウ
  • リサ
  • 第3特殊消防隊 大隊長 Dr.ジョバンニ
  •  

今後の展開を考えると、機関員勧誘のため前から目をつけていたヴァルカンにシンラ・アーサー・アイリスが勧誘に向かったところ、灰島重工と相性の悪く関係が悪化したヴァルカンとDr.ジョヴァンニの抗争に巻き込まれてしまうといったところでしょうか?

 

伝道者側も動くと言っていただけにここへ襲撃もありえそうですね。

 

またリヒトが第8内部に入った意図も気にかかります。

 

序盤でジョーカーが人を焔ビトに変えていたような描写がありましたが、ジョーカーと組んでいるリヒトはどちら側なのでしょうか?

 

それともリヒトとジョーカーはまた別の目的をもった別勢力と考えたほうがいいのかなどと思っています。

 

今のところ情報が少なくて考察もしにくいですね。

 

第15話は原作漫画通りの展開

そもそもアニメ版はシンラがユウを焔ビトから助けていないためどのような理由でユウはシンラたちと仲を取り持つのかと思っていましたが、展開としてはほぼ原作漫画と一緒でした。

 

ユウが何故あの場面でカットされてしまったのか気になってしまいます。

 

アニメだとユウがただのお人好しのように見えますね。

 

ユウは立場が危うくなっているヴァルカンを気にかけて、来客を無碍にせず話を聞いて現状を打開しようとしているように見えました。

 

シンラのアドラリンクによってDr.ジョヴァンニとの戦闘に?

ヴァルカンの人となりを見ることができ、第8への勧誘を行ったものの、灰島と繋がりがあるものに力を貸すことはできないとヴァルカンに断られてしまいます。

 

ヴァルカンの一族は灰島との間に因縁があることもわかり、一端シンラたちは帰ろうとしますが、アドラリンクによってDr.ジョヴァンニの殺意と繋がってしまいます。

 

ヴァルカンの工房で籠城戦が行われると今後の展開が予想されますが、ヴァルカンの工房の仕掛けは攻撃に特化した仕組みがないのかなと第15話を見ていて思いました。

 

新ED映像は物語にはなっていない

これまでのEDはアイリスとプリンセス火華の過去を描いており、結果的に本編に繋がる内容となっていましたが、新ED映像は1つの物語を描いているわけではありませんでした。

普通のEDというやつです。

 

 

第15話の感想は以上です。

関連記事
error: Content is protected !!