• 監察医朝顔|主題歌を唄う折坂悠太を宇多田ヒカルが絶賛?経歴や曲の配信日・動画など

監察医朝顔|主題歌を唄う折坂悠太を宇多田ヒカルが絶賛?経歴や曲の配信日・動画など

監察医朝顔|主題歌を唄う折坂悠太を宇多田ヒカルが絶賛?経歴や曲の配信日・動画など

7月8日から始まるフジテレビの月9ドラマ「監察医朝顔」の主題歌に折坂悠太さんの「朝顔」が抜擢されました。

という事で、今回は折坂悠太さんについて調べてみたいと思います。

 

この記事では

 

  • 監察医朝顔について
  • 新曲「朝顔」について
  • 折坂悠太さんの経歴や年齢、結婚や子供など
  • 他の発売されている楽曲についてとyoutube動画
  • 宇多田ヒカルのお気に入りとはどういうことか?

 

についてわかるように書かせていただきます。

 

監察医朝顔とは?

監察医朝顔とは漫画サンデー~電子版によって2006年から2013年まで連載されていた医療漫画です。

 

法医学者の娘とベテラン刑事の父親が遺体の謎を解明していくという物語になっております。

 

また主人公を演じる上野樹里さんが「のだめカンタービレ」以来13年ぶりの主演となっていることもあり話題となっております。

 

新曲「朝顔」について

新曲朝顔はどういった曲になるかをご紹介させていただきます。

 

オリコンによりますと、イントロがピアノの伴奏で始まって、折坂悠太さんのぽつりぽつりと語りかける歌いだしから、徐々に弦楽器の演奏などが加わっていき、サビでダイナミックになる展開が印象的な曲とのことです。

 

サビで何度も「願う」という歌詞が出てきますが、「ドラマのエンディングでこの曲を聴いて、晴れやかな気持ちになってもらいたい」という願いを込めたと折坂悠太さんは語っております。

 

折坂悠太さんの曲の特徴について

折坂悠太さんはどのような曲を歌うのでしょうか?

 

歌唱法が独特で、ブルース、民族音楽、ジャズなどを取り入れそれをポップスに消化してるという感じの紹介のされ方をしております。

 

独特な音楽で、聞けば聞くほど引き込まれて行きます。

折坂悠太さんの経歴

監察医朝顔の主題歌を歌う折坂悠太さんの経歴についてここでは書かせていただきます。

 

  • 名前:折坂悠太(おりさか ゆうた)
  • 生年月日:1989年(平成元年)
  • 出身地:鳥取県

ということで、30歳の方ですね。

 

鳥取出身で、幼いころはロシアやイランで過ごし、帰国した後は千葉に住んでおり、2006年16歳の時にバンドと作曲を始めたそうです。

 

現在では千葉を拠点に活動しております。

 

最近では宇多田ヒカルさんがお気に入りとして挙げるなど徐々に注目を集めて言っております。

 

折坂悠太さんの高校や大学は?

折坂悠太さんの経歴についてですが、全くといっていいほど公表されておりません。

 

2013年頃かライブ活動などを開始しております。

 

年齢から考えますと24歳ですので、大学卒業後音楽活動を開始したとも考えられます。

 

これは当方の完全な予想になります。

 

結婚してるの?しているなら子供は?

詳しくは語っておりませんが、インタビューで息子さんが居ることを語られたりしておます。

 

2016年のインタビューで子供が生まれて間もないと語っておりますので2019年現在は3歳~4歳ぐらいだと思われます。

 

折坂悠太さんのその他の曲や宇多田ヒカルさんがお気に入りの曲は?

折坂悠太さんの「朝顔」以外の曲はどんな曲があるのでしょうか?

 

一番最近発売されたシングルは2019年6月5日に発売された、「抱擁」になります。

 

配信限定でTOWER REDORD/HMV/Amazon/iTunes/Apple Music/spotifyとなっております。

 

そしてこちらは7インチアナログ盤でも発売されております。

 

MVは映画監督の五十嵐耕平氏によるもので、「抱擁」とカップリング曲の櫂がつながる構成となっております。

 

楽曲のテーマにも合致した良いMVだと当方は思います。

 

アルバムは2018年10月3日に2ndアルバム「平成」がリリースされております。

また宇多田ヒカルさんが2016年リリースの「Fantome」をリリースしたときのインタビューで折坂悠太さんの「あさま」という曲に衝撃を受けたと話されております。

 

その収録アルバムは2016年リリースの1stアルバムの「たむけ」になります。

 

折坂悠太さんも宇多田ひかるさんについては、リスペクトをいだいております。

 

僕が宇多田さんのことを尊敬している理由の1つに、語呂の個性があるんです。

 

聴いていてちょっと聴き流せないぐらいの字余りとか、話言葉をそのままメロディーにあてはめているところがある。

 

それが僕の耳には言葉と歌がぶつかり合って聴こえるんです。

 

そのきわどさを、圧倒的な譜割りのセンスと歌唱によって、違和感なくあそこまでのポップミュージックに昇華してしまう。

 

宇多田さんの最近の歌って、ものすごく拍が複雑なんですけど、それがさらに自分の語呂感を活かす要素になっている。

 

そこが宇多田さんの曲を聴いていて熱くなるポイントでもあるんです。

他のアーティストが評価をしてファンとなり、口コミ徐々にファンが増えていくという事で、実力は間違いないと思います。

 

今回の月9主題歌のの大抜擢で、一気に人気に火が付く可能性もありますので、見守っていきたいと思っております。

トラックバック
トラックバックURL