• シュタインズゲート23話と23話β[改変版]の感想と考察 衝撃の事実と復活、鳳凰院 凶真!!

シュタインズゲート23話と23話β[改変版]の感想と考察 衝撃の事実と復活、鳳凰院 凶真!!

シュタインズゲート23話と23話β[改変版]の感想と考察 衝撃の事実と復活、鳳凰院 凶真!!

シュタインズゲート・ゼロ23話の感想はこちらになります。

シュタインズゲート 第23話「境界面上のシュタインズゲート」+第23話改変版

あらすじ

ラジ館の屋上に現れた鈴羽によると、この世界線の未来では、第3次世界大戦が勃発し、多くの人々が犠牲になるという。

それを回避するためには、2010年7月28日に死んだ牧瀬紅莉栖の命を救い、アトラクタフィールドの干渉を受けない唯一の世界線“シュタインズゲート”を目指さなければならない。

 岡部は鈴羽に協力することを決め、タイムマシンで2010年7月28日のラジ館へ跳んだ。紅莉栖の死体を発見した場所で身を潜めて待つ岡部。

そこへ現れた紅莉栖は遅れてやってきた人物にタイムマシンの論文を手渡して言った

――「あのね、これを読んでほしいの、パパ」。

紅莉栖の父親とは、中鉢博士だったのだ。

しかし、論文を読み終えた中鉢は、紅莉栖の優秀さに嫉妬し、錯乱状態で彼女の首を締めあげる。

紅莉栖を助けようと飛び出した岡部だったが、もみ合いの末に中鉢のナイフで紅莉栖を刺し殺してしまった。

岡部は元の時間に帰ってくるが、茫然自失のまま、立ち直ることが出来ないでいた。

その時、岡部のケータイにメールが届く。

その指示に従い、ニュース映像を見ると、そこにはロシアに亡命した中鉢の姿が映し出されていた。

ニュースは中鉢が乗っていた飛行機の火災事故を報じており、中鉢はまゆりのメタルうーぱを掲げ、

「これが金属探知機に引っかかったおかげで、論文が焼けずにすんだのだ」

とコメントした。

その論文は紅莉栖のものであり、第3次世界大戦勃発の元凶であったのだ。

鈴羽に促されて7月28日に届いたムービーメールを見ると、そこには未来の岡部自身がいた。

彼は「中鉢博士がロシアに持ち込んだタイムマシンに関する論文をこの世から葬り去ること」と「牧瀬紅莉栖を救うこと」がシュタインズゲートに到達するための条件であると告げる。

紅莉栖が死んだという過去を変えずに、彼女を救うためには、「生きている紅莉栖を過去の自分に死んだと観測させる」のだと。

岡部はその意味をすぐに理解し、鳳凰院凶真として復活を遂げる――「世界は、この俺の手の中にある!」

 

感想「衝撃の事実と復活、鳳凰院 凶真!!」

第二十三話の感想です。

第二十三話にきて第一話*1で抱いていた「?」が繋がってしまいなるほど!という素直に納得してしまいました。

 

OPも変化し、第二十二話での予想からわくわくした気持ちで視聴をはじめましたが、牧瀬紅莉栖を刺したのは岡部倫太郎であったということに、ありがちな展開ではありますが、もうすっかりシュタイズゲートの物語にのめりこんでいましたので、まだ岡部倫太郎への試練は続くのかとショックを受けました。

 

しかし未来の岡部倫太郎からのムービーにより岡部倫太郎が再び立ち上がるという演出に痺れました。鳳凰院凶真になり、決め台詞を言えるくらいにどちらの岡部倫太郎にも余裕があるのです。重なる声、重なる思考。そんな演出から大逆転を期待せずにはいられません。

 

しかしこれまでの予想*1としては、岡部倫太郎はこれまでの世界線全てを利用し違う可能性のある世界線へ移動すると思っていましたが、まさに「方法が間違っているだけなのだ」という未来の岡部倫太郎のセリフにハッと気が付かされてしまいました。

 

これまで慎重に不確定な要素を取り除いてきたのですから何も変えてはいけないのだと、そして変えなくても変わることを考えなくてはいけなかったということに気づかされてしまいました。

 

未来に起こる事もびっくりしましたが、牧瀬紅莉栖の父親が中鉢博士であったとは、ここでも大きく衝撃を受けました。まさに灯台下暗しもいいところ。牧瀬紅莉栖の語る人物像から膨らませていた想像とは全く違っていたために、本音を言ってしまえば、残念です。

 

個人的にダルが携帯でテレビを見る描写から、「携帯でテレビ見れたなー」という全然関係ないことも考えてしまいました。

 

2018年現在では携帯電話はスマートトホンが一般化され、メッセージの連絡手段もメールからSNSアプリへと移行されはじめています。「Dメール」。シュタインズゲートにおいて最も欠かせないキーワードであり、未来から過去へ向けての岡部倫太郎のたどりついた最初のタイムリープ技術です。

 

牧瀬紅莉栖のために岡部倫太郎はその後もタイムマシーンの研究を続け、第二十三話においては未来からムービーメールを送ってきます。シュタインズゲートの制作当時、携帯電話は普遍的なものでメールという連絡手段も2036年(26年間)までには早々に変わるものではないとされていたのかもしれません。

 

ちょうど2010年の秋冬にスマートホンが普及しはじめましたが、2011年頃では普及率は約7.5~9.5%でした。しかし現在2018年の今の現実を考えてみると岡部倫太郎の語る「執念」というものが、後付けになってしまいますが、深みを帯びます。

 

ショートメールやSNSではなく、携帯電話のキャリアメールにメールが届くようにしなければなりません。技術は進歩し続けますが、常に2010年の岡部倫太郎が持つ携帯に対応し続けなければならないのです。

 

2036年には岡部倫太郎はDメールアプリなんてものを開発していて最新技術で作られたDメールを2010年のいわゆるガラケーへ送る変換装置なんかも作っていたのかもしれないななどと岡部倫太郎の歩むこれから先二十六年間への想像するのも楽しいですね。そんな現実とシュタインズゲートを交差させ未来を想像してみるという楽しみ方もできました。

 

第二十三話は、鈴羽のこの世界線での姿、岡部倫太郎の新たな目的、第一話の別視点、牧瀬紅莉栖の事件の真相、まゆりの思わぬ行動、そしてラストで語られたことと第二十三話は怒涛の展開となりました。

 

第二十四話、シュタインズゲートという物語の本当の結末はどこへたどり着くのか、過去か、未来か、現在か。ハッピーエンドを期待せずにはいられません。

 

第二十三話改変版

時系列順ではきっと第二十二話→第二十三話改変版→第二十三話と視聴するのが、良いかと思うのですが、改変版とついていたことから第二十三話を観た後に第二十三話改変版を視聴してしまいました。

 

まず第二十三話改変版を視聴してみての感想が「?」これに尽きてしまいました。改変版と名前がついていましたので二十三話の意味ありげなラストから7月28日を改変するものだという先入観があったからだと思います。

 

感想とも呼べない感想を抱いてしまったので、やはり見直すということが一番だと考え、第二十三話と第二十三話改変版を同時に流し2画面で同時に視聴してみたところ、自分の中での解釈にたどり着きました。

 

先にあげた時系列順に視聴をしていた場合きっとそうは考えなかったと思います。

 

改変版での大きな違いは岡部倫太郎へ未来の岡部倫太郎からメールが送られてくるかこないかで分岐してしまいます。

 

結論から言ってしまうとこれがDメールだったのではないのかなと考えています。第二十二話まで一緒にいろいろな世界線を旅をし、視聴者と一緒に困難へぶつかりやっと第二十三話にたどり着く岡部倫太郎ですが、第二十三話時点では2010年の岡部倫太郎がその人だと思っていました。

 

しかし改変版を考慮すると実は改変版の岡部倫太郎がその人であり、第二十三話においては未来のDメールを送った側の岡部倫太郎がこれまでの主人公岡部倫太郎だったのではないかという考え方にいきつきました。

 

なので「第二十三話改変前版」ではなく「第二十三話改変版」なのです。牧瀬紅莉栖という最愛の人を失い執念にかられタイムマシンを研究し続ける岡部倫太郎が、白衣が床に投げ捨てられていた描写のようにマッドサイエンティストという仮面を外し、現実から逃避し科学の分野から離れてしまいます。

 

しかし因果によって牧瀬紅莉栖へと到達してしまうのです。その岡部倫太郎が15年という年月を経て研究し、「過去改変」を行うから第二十三話改変版になるのではないでしょうか。

 

ただ単純に第二十三話を改変した違った物語とすることもできますが、このように考えると繋がってしまうのです。どうして二十三話と二十三話改変版では違った結末にたどり着いてしまうのか。何故「?」という感想にいきついたのか。

 

15年の時を経て過去改変を行うと考えると物語が分岐する未来から届くムービーメール、これがDメールと考えることができます。2010年の岡部倫太郎はリーディングシュタイナーが発動するという描写はされていませんでしたが、それは当たり前です。改変された世界線の岡部倫太郎なのですから。

 

改変を行ったのは2036年の未来の岡部倫太郎です。第二十三話改変版という世界線から過去改変を行い世界線を移動するのは2036年の岡部倫太郎なのです。

リーディングシュタイナーが発動しているのは2036年の岡部倫太郎のほうなのです。だから未来と現在の岡部倫太郎は声が重なり、思考が重なるのです。だから世界はこの俺の手の中にあるのです。

 

ただしこの改変はとても繊細かつ周到に練られた改変なのではないでしょうか。作中でも過去改変を行わないようにと忠告しております。

アトラクターフィールドから抜けることはあえてせず、未来の自分へ繋がるように念を押しています。上記ではDメールとしていますが、正確には第八話でダルが過去の自分へ送ったメールのように世界線の変動しないDメールなのかもしれません。

 

第二十三話・第二十三話改変版の感想は以上です。今回は更にラストで語られた「オペレーションスクルドについて*2へ続きます。

*1 第一話 記事

*2 オペレーションスクルド 記事

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL
error: Content is protected !!